開田方言辞典・その10

その歴史的背影や地方的関連...開田方言/単語辞典10☆


音声については、主に末川地域のもの

単 語
意 味
使 用 例
★ 音声 ★
シャッパイ 塩辛い。ショッパイも同じ。(シャッペとも言う)
この味噌汁は塩辛い。 コノオシ シャッパイ
シャッポ

帽子。シャップの訛。

帽子を取って下さい。 シャッポ トッテクリャ
ショーシクテ 大変結構なものをいただいて有難いと御礼の言葉。
ショウシカッタ・オショウシナなどの転もある。
恐縮をあらわす言葉。
語源は笑止千万の笑止から来ている。
自分のような笑止な者にあんな立派なものをいただいて、なんとも恐縮しています。
. .
ショッツカメル つかまえる。捕らえる。
(ヒッツカメルとも言う)
. .
ショーネカ°ワリ 度胸が悪い。臆病のこと。
臆病なのでだめだ。 ショーネ ワリクテ ダチカン
ジョーリ 草履。
. .
ショント

仕事。昔の言葉。

仕事に行く。 ショント イグ
シロカキ 苗代掻き。
. .
ジンニ だんだん。順に。
だんだん暖かくなる。 ジンニ ノクトグナル
ジョンジョ

ワラ草履。子供の言葉。

. .
スカ°リ
スンカ°リ
脚長蜂。巣を木の枝や地表につくる。
語源は、「(万葉集379)腰細のすがる乙女のその顔のきらきらしきに」から、腰細の脚長蜂のことをスガリ・スンガリという。
. .
ハイトリバチ 地蜂。略称ハイトリ。巣を地下につくる。
ヒャートリ (西野)
ヘートリ (末川)
. .
ズグナシ 怠け者。 ズクヤムは怠ける。
ズクは精。飛騨地方南部で使用。
そんな気力はない。 シャン ズグネ
スカン

好かぬ。気に食わぬ。スッカンも同じ。
ヤーラシイと同じようだが少しちがう。スカンの方が強い。

. .
ズサネ 大丈夫。心配ない。たいしたことない。などの意。
ズサナイも同じ。
ちょっとくらい大丈夫だ。 チットバガ ズサネ
ズモル どもる、の訛。
. .
・・・・・・スナ 行ったスナ。やったスナ。食ったスナ。等、そうだの意味。
(スニャ、スンニャとも言う )
車で行ったそうだ。 クルマデ イッタスニャ
スベ ほくろ。飛騨北部で多く使う。
. .
スモンボ すもも、の訛。 . .
セリャー やりなさい。ヤーの語尾上がる。 早くやりなさい ハヨ セリャー
ソースリャー 語尾下がれば、「そうすれば」になる。
この場合、語尾にさらにサー・ニャー(ソースリャーサー、ソーセリャーニャー)がつく。
. .
ツクバル 正座すること。歴史的には正座はあぐらより後に生まれた行儀。
「なんぢがツクバウて居る所は、白犬にそのままぢゃ(狂言記)」
二つとも「ドツ」という接頭語がつくことあり。
飛騨・東美濃でも多く用いる。
正座している。 ツクバッテタ
スンキ 菜葉を発行させて酢っぱく漬けたもの。
. .
ズンネ ゆっくり。ズンネニ・・・ゆっくりと。
ズンネの語源は自然。「人の品高く生れぬれば・・・自然(ジネン)にその気はひ、こよなかるべし(源氏物語、帚木)」
ゆっくりと行こう ズンネニ イジャ
スンキタンキ いたどりのこと。 . .

ズリコメ

入りなさい。ズリコム・・・入りこむ。
こたつに入る。 コタツニ ズリコム


 


『開田のことば』の目次へ戻る