開田方言辞書・その2

その歴史的背影や地方的関連...開田方言/単語辞典 2 ☆


*音声については、主に末川地域のもの

単 語
意 味
使 用 例
★ 音声 ★
アグビ あくびの訛

. .
アイツ 物でも人でも対象物を指す言葉

. .
アイラ あの人達

あの人達だった アイラダッテョー
アリ あれ

あれは何だろう アリナンズラ
アリャ あれぇ(語尾が少しあがる)軽いおどろき

. .
アリャア あれは。あれよ、あの人は

あの人は、誰だ アリャア、ダリダ
アーリャ 軽いおどろきと嘆息

. .
アタケル 暴れ、戯れる。「燕石十種」にある言葉、東美濃でも使う。

. .
クルー 子供がくるくると戯れること。クルクーとも言う。(記・紀・万葉)

. .
アゲェ 赤い

赤いなー アゲェンナー
アヲダチ 青大将(蛇の名)

. .
アーセル 合わせる

. .
アーノク 上を見る。敬語の仰ぐとはニュアンスが違う。

上を見てごらん アーノイテミリャ
アゲル 開ける

. .
アギラメル あきらめるの訛

. .
アスコ あそこの訛

. .
アッチ 向こう

. .
アッコイ かかと。東北・中部に多い方言

. .
アッポ 幼児用語。火のこと
餅のこと(そばもちによく使う)

. .
アスブ あそぶ(遊ぶ)の訛

. .
アテ 下じき、あてるの意。アテガイは見当。アテズッポも同様、見当。
いいかげんな見当の意。アテガウは当てる。当ててあわする、の意。
アテガッテミロヤ あててあわせてみなさい。

. .
アトズサリ 後ろへさがる。廻れ右をしないで、そのままうしろへ引くこと。

. .
アノサ(末川・把の沢)/アンニャ(西野) あのね。相手に話しかける言葉。末川ではアノヨーともいう。

. .
アルギャー ありますかの意。末川はアルガーとかアルガラ

用がありますか ヨウアルガー
アテガイ 目算。見当。あてがいがはずれたなど

. .
アテカ゜イズッポ いいかげんな目算。見当

. .
アベコベ

. .
アッテヨー ありました。末川ではよく語尾にヨーをつける。
「いました」の意が多い。

. .
アブル 火にあたること。魚をアブッテ食う。火に近よって身体をあたためる。
(直接的表現)

. .
ヌクム 同じあたたまるでも、ヌクムはぬくぬくとあたたまるの意。
ヌクイ・ヌクメ・ヌクマレ・ヌクマル・ヌクトイ・ヌクテーなどに転化。
ヌがノに発音されるものも同じ意味。ノクトイは飛騨各地で使用。
「ヌ」が「ノ」に発音されるのは末川。

暖かいなー ノクテンナー
アブネ あぶないの訛

. .
アメェ 甘い。雨の場合は語尾下る。甘いの場合は語尾上る。

. .
アメクソ 甘えん坊の小供

. .
アラサ にわか雨。

. .
アラメー 無いだろう。

. .
アルガイ あるかい。ありますかの訛

. .
アンマリ あまりにも

. .
アンモ もち(餅)

. .
アンゴ あご(顎)末川に多い

. .
アボ あぶ。蝿より大きく、人畜をさす昆虫

. .


 


『開田のことば』の目次へ戻る