開田方言辞典・その5

その歴史的背影や地方的関連...開田方言/単語辞典 5 ☆


音声については、主に末川地域のもの

 
単 語
意 味
使 用 例
★ 音声 ★
エカ°ラッポイ/イカ°ラッポイ/ヒカ°ラッポイ 生燃えの煙などがのどを刺激する感じ。
. .
エー/イェー よろしい。いい。
いい色だなー。 イェー イロダンナー
イェー/イェ 欲しくない。いらない。
ご飯はいらない。 メシハ イェ
エド よだれ。ヨドの訛もある。
  .
エーナモノ/ヤーナモノ(西野・把之沢) あんなもの。
あんなもの、何に使うの? エーナモノ ナイセルチャー
エーガンニセロ いいかげんにしろ。
  .
イェヌシ(主に西野)/エノシ(末川・把之沢) 主婦。東北・信越地方に多い。東北から信越にかけて、ひろく主婦権をイェヌシという。
  .
エータ 開いた。空いた。
箱、空いたか? ハゴ エータガー
エエッタラン 開いていない。空いていない。
店が開いていなかった。 ミセ エエッタラナンダ
ガメツイ 頑固だ。我欲が強い。
  .
ヲ(オ) 麻。万葉の古語。「をとめらが、麻笥(おけ)にかけたる績麻(うみお)なす・・・」第六編第五章参照。
  .
オイタ やめた。北飛騨・恵那・岐阜(吉城)地方でも使う。
雨が降ったのでやめた。 アメフリ ダデ オイタ
オゲ 桶の訛。オの音が高い
  .
オゲ やめなさい、よせ、の意。オの音が低い。「オゲヤ」など。置けにも通ずる。 もうやめなさい。 ヘェー オゲ
ヲギル 起きる。
  .
オクワ こわめし。赤飯。
  .
ヲガシイ 一般的なおかしいと少し違う。こっけいに近い意。
  .
ヲモシレ おもしろい。   .
ヲゼ/ ヲゾイ 粗悪。悪い。
「ヲゼ奴」など。品物にも人間にも使う。品物に使うときは、粗悪な品物、悪い品物の意。人間に使う場合は悪賢い人、駄目な人などの意。

みやび男と吾は聞けるを宿借さず。吾を返せりおぞのみやび男(万葉集)
おぞく手向けしたれや君に逢ひがたき(万葉集)
古い家だ  ヲゼウッチダ
ヲカ°メル 拝める。月・太陽などが見えること。昔の人にとっては、天体は物体でなくて、神格を持った信仰の対象だった。天体を見ることは拝むことであった。月が見えることは月が拝めることであった。
  .
ヲーガタ 大部分。 大部分終わった。 ヲーガタ スンダ
オ(ヲ)イックラ 追っかけあい。クラはクラベの略。競争の意。   .
トビックラ かけくらべ。   .
オ(ヲ)セ/オ(ヲ)セェ 遅い。 あいつ、遅いなー アリ ヲセンナー
ヲセル 教える。オセンは否定詞。教えない。 教えるからやってみなさい ヲセルデ ヤッテミロ
オッカー 母。   .
バァ (西野・把之沢) 祖母。末川はババ。   .
オッカナヤ あきれた。 まあ、あきれたこと。 アー オッカナヤー
ヲ(オ)トテ おととい(一昨日)。 おととい会った。 ヲトテ アッタ
オラ/ウラ 俺。俺達。単数にも複数にも使う。 俺は帰るよ  オラ カエルゾ
オ(ヲ)リ/ヲイ(下條) 私。 ヲ(オ)リガ・・・私の物。
所有権の主張。末川ではオリヤン
それは私のだ  ソリ ヲリャンダ
オ(ヲ)ヤマ 御嶽山のこと。 今日は、御嶽山がよく見える キョウハ オヤマ ヨー メール

 


『開田のことば』の目次へ戻る