開田方言辞典・その6

その歴史的背影や地方的関連...開田方言/単語辞典 6 ☆


音声については、主に末川地域のもの

単 語
意 味
使 用 例
★ 音声 ★
カイー

かゆい。

かゆかった。 カイ ガッタ
カイラ 蜷。田螺(ツブ・ツボ)は田圃や淵にいる。流れ川にいるのが蜷(カイラ)。西野では田螺をツボカイラという。
  .
カードリ 河鳥(水鳥一般)カーガラスとも言う。
  .
カグ 書くの訛り。カガンは書かない。末川では書いたをケエタという。
書いたか? ケエタ ガー
カグス かくすの訛。
  .
カケ°ル/カキ°ル (※ °は鼻濁音) 日が没すること。
  .
カアシマ 川原(かわら)。
  ..
ガーデン かなわん。
そりゃ、かなわんなー ソリャ ガーデ ンナー
カール 倒れる。
そちらに倒れるよ ソッチ カール  ゾー
カタカ°ル 傾く。カタギルは傾ける。酒に酔ってよろめくそのさまがカタグ。カタガル・カタギルはカタグから。
右に傾いたよ ミギィー カタガ ッタゾー
カー 皮の訛。

  .
カグネッコ かくれんぼう。栃木・群馬(佐波)でも使う。

かくれんぼうしよう カグネッコ セス カ
カサ 川上のこと。上方(かみがた)。サの語尾上がる。
  .
カザ にほい。ネズミの油揚げでござる、このカザを嗅ぎますると(狂言記)
カザはにおい(匂)の古語。
臭い(においが悪い) カザ ワリ
ガサ/ガセ 量(物の嵩)。
  .
カシキ 炊事婦。

炊事の仕事を頼まれた カシキ タノマレ タ
カシコイ 「狡猾の意」と「賢い」と2つ。「要領がよい」の意味もある。
  .
カジク カジルの訛。歯でカジク(ル)

  .
カジケル/カジム/カジカム 寒さに手足がこごえて身体を小さくすること。
寒くて手が凍える サブクテ テ  カジム
カスコク 冗談言う。馬鹿話をする。コクは言う。滓(カス)のようなことを言う。ヲーチャグコクとはちがう。 ヲーチャグコクは猥談をする、の意。   .
カスコグナ 冗談言うな。生意気言うな。馬鹿言うななどの意。

冗談ばかり言うな カス バッカ コ グナ
カタケ°ル かしげる。

首を傾けてみなさい クビ カタケ°テ  ミ
カチノル 雪の表面が日光でとけて凍ること。西野では「カッツェノル」ともいう。カッチは雪がとけてカチカチに凍ること。カッチにノルは北方語。
  .
カリボシ 刈りほした草。カリブシ、カルブシとも言う。
  .
カッパ 傾斜した採草地。カリボシカッパなどと言う。

  .
カッコ きのこ。カの音が高い。
きのこを採って来た カッコ トッテ  キタ
カッコ 姿・かたち。恰好から。カの音が低い。カッコイイはもとは開田の方言。 いい格好だ イェー カッコ  ダ
ヒダルイ 空腹のこと。かつえるより弱い表現。ヒドロッコイとも言う。    
カヅケル かこつける。罪を人になすりつける。一般的に責任のがれをする意。東北と中部地方に分布。    
クビノリ 子供の肩車。    
カテ 堅いの訛。 これは堅い コリャ カテ
カテル 加える。仲間に入れる。の意。カタルは加わる。    
カテル 交える。御飯にイモをカテテ食う。加えて食べる。交えて食べるの両方を含む。薪を交(かて)て竈(かまど)に焼(た)く (推古記三年四月) 昼飯は漬物をおかずに食べた。 ヒーリ ハ ツケ ンノ カッテ ク ッタ
カマイタチ 旋風が起こす裂傷。   .
カヤス 返すの転。

本を返すよ ホン カヤス  ワー



『開田のことば』の目次へ戻る